和歌山で3箇所の住宅展示場を持つハウスメーカー「パナホーム和歌山」。新築・リフォーム・戸建住宅などお気軽にご相談ください。
トップページ 住まいづくり

住まいの疑問Q&A

住まいの疑問Q&A

お手入れについて

キッチン

年末の大掃除でIHヒーターをお手入れしましたが、グリルがどうしても綺麗になりません。何か良い方法はありませんか。

何年も使っているうちに魚焼きグリルは油の焦げ付きや腐食が酷くなってきますよね。

普段のお掃除では手に負えなくなったら一度プロのメンテナンスをされては如何でしょうか。

分解してグリルケース・ヒーター・焼き網を新品に入替えて、天板・ドアは洗浄します。
2万円以下でピカピカの新品同様になりますので一度ご検討下さい。

展示場等を回られる際には、事前にお話し合いをされた内容を基軸に各ハウスメーカーの特徴をご覧になり、価値観の合うメーカーや営業担当に家づくりのコンサルティングをご依頼下さい。

キッチンキャビネットから悪臭がするのですが何とかなりませんか?

キャビネット内のカビや嫌な臭いを防ぐには、湿気と通気対策が有効です。

お鍋などの調理道具を乾かさないうちにしまったりすると湿気のもととなります。水気をしっかり取ってから収納しましょう。
毎日10分程度キャビネットを開けておくと効果があります。

それでも改善されない場合は、排水ホースの防臭キャップが外れてるかもしれませんので、担当カスタマーまでご連絡下さい。

人造大理石のカウンターにシミが付いて取れません。

スポンジに微粒子のクリームクレンザーを付けてこすり、水拭きしてください。

毎日のお手入れとしては、ふきんで水拭き、またはキッチン用洗剤を含ませたスポンジでこすってから水拭きしてください。

和室

畳のお手入れはどのようにしたら良いのでしょうか。

きつく絞ったきれいな雑巾で拭いてください。水分が多い雑巾で拭くと畳の光沢がなくなってしまいます。直射日光は畳表の変色を招き、傷みを早めますからカーテンや障子などで遮ってください。

畳の上にはなるべくジュータンなどを敷かないで下さい。畳の呼吸を妨げカビ、虫などが発生する原因となります。

電気掃除機は畳の目に沿ってゆっくり軽く触れる感じで何度か同一部分を往復させてかけてください。梅雨時期などの湿度の多い時期は、カビ発生防止のため除湿器の使用をおすすめします。

また、カビが発生しないように冬期の加湿器での加湿しすぎに注意しましょう

浴室

浴槽下の掃除でエプロンを取り外したら取り付けられなくなってしまったのですが?

パナソニック電工製のシステムバスはお手入れの為にエプロンが脱着出来るようになっていますが、取り付けが難しい場合はパナソニックのウェブサイトに脱着の仕方が解る動画がアップロードされています。

http://sumai.panasonic.jp/support/movie/

それでもうまくいかない場合は個別に対応させて頂きますのでご連絡下さい。

浴槽のフチなどに付着したザラザラが取れない。

ザラザラは湯アカや石鹸カス、人のアカが乾燥したものです。
これはなかなか取りにくいですよね。

まず、気になる部分に50℃前後のお湯をかけ温めます。
定規などプラスチックの角で、浴槽に傷が付かないように気をつけながらザラザラを削ってください。

次に、浴室用洗剤を塗布し、サランラップで20~30分湿布します。
サランラップに空気が入らないように気をつけてください。

最後に、クリームクレンザーをつけたスポンジで軽くこすります。

浴室の鏡は普段、どのようなお手入れをすればいいの?

浴室の鏡は、水分をそのままにしていると表面に白い汚れが付着し、写りが悪くなってしまいます。

普段から入浴後に、付着した石鹸、泡をよく洗い流し、サッとから拭きすることを週間付けましょう。

白い汚れが付着した場合は、「メンテナンスについて:浴室編」をご覧下さい。

風呂フタにカビが…。

風呂フタは、ヌメリやカビが付きやすいですね。

浴室用洗剤(中性)をスポンジにつけ、全体を洗います。
細かい凹凸や端部は、歯ブラシを使うと便利です。
シャワーで洗剤を充分に落とし、乾いた布で水分を拭き取ってください。
定期的に外で陰干しするか、浴室の窓を開けて立てかけ、完全に乾燥させましょう。

浴槽や床も、アカや石鹸カスなどの汚れが乾燥すると落ちにくくなります。
浴室用洗剤(中性)をスポンジにつけて洗いましょう。
お湯を抜くタイミングで浴槽を洗うと、汚れも落ちやすく、水道代の節約になり一石二鳥です。

入浴後のお手入れと、換気を毎日の習慣にしてくださいね。

洗面室

排水からの悪臭が気になります。

洗面台の排水管は、水アカ、石鹸カスの他に、脂肪などの汚れがつきやすいので、髪の毛などは流さないように気をつけてください。臭いの原因となります。

お手入れは、排水口の中と周囲に中性洗剤をたっぷりとふりかけ、お湯を注ぎます。

しばらくおいた後、柄付きたわしで掃除し、勢いよく水を流してください。

トイレ

便器の黄ばみが気になります。

黒ずみや黄ばみには漂白作用のある塩素系の洗剤を使うと効果的です。

洗浄水や尿のカルシウム分の付着にはイオン分解する酸性タイプが効果的です。
ただし、塩素系の漂白剤と酸性洗剤を混ぜると有毒ガスが発生し、危険です。

続けて違う洗剤を使用する場合、1度流しただけでは混ぜた時と同様に、有毒ガスが発生する場合があります。
しっかり洗剤を洗い流してから、次の洗剤を使うようにてください。

汚れが酷い場合は、トイレ用洗浄剤をふりかけ、トイレットペーパーを貼り付けてしばらくおきます。その後、ブラシでこすって流しましょう。

その他

キッチンの排水マスに白い固まりが!しかもクサイ!

台所マスは洗剤や油カスなどが冷えてスポンジ状に固まります。
キッチンでは、野菜クズやご飯の残り、てんぷら油やサラダ油などの食用油などを流さないようにしましょう。

清掃方法は、フタを開け、スコップなどでカスを取り除きます。
臭いがキツイので、マスクをすることをオススメします。

大人2人、子供2人家族では、1年でビニール袋1袋ほど汚れが溜まります!
年に3~4回程度、定期的にお掃除してくださいね。

メンテナンスについて

キッチン

浄水器の止水をしてもポタポタ水が落ちてきます。築16年です。

15年以上前の浄水器ですと、おそらく水栓と分離された別置きタイプだと思います。

今現在のモデルでは、浄水器内蔵タイプの止水栓が主流となっています。
将来的に、現在の止水栓にも不具合が出てくるかもしれませんのでこの機会に浄水器内蔵タイプの止水栓に交換してしまうのも良いかもしれません。

ただ使い勝手が変ってしまいますので、「別置きタイプがいいわ」という方なら、今はデザインも良くてコンパクトなタイプも出ていますよ。
カスタマーセンターでも交換に対応させていただけますので、ご希望される場合はご連絡下さいませ。

キッチン流しの水栓がグラグラするようになってきたのですが。

キッチン流しの水栓といえば毎日何回も操作して、その度に力がかかる処なので、緩んでぐらついてくる事があります。
そのまま放置してると、付け根から水が浸入してキッチン内部の木を傷める原因になります。

最近のタイプはグラグラになっても、キッチン内部の配管との接続部から漏水しない構造になっていますが、古いタイプではこのグラグラが原因で接続部が緩んで流し内部で漏水することもあります。

酷くなる前に担当カスタマーまで一度ご相談下さい。

キッチン流しの内部が臭くて金物もサビが酷くなってきたのですが。何が原因なのでしょうか。

キッチン流し内部の排水ホースは熱いお湯や冷たい水が流れる度に伸び縮みを繰り返しています。
それが原因となって防臭キャップが外れてしまう事があります。
そうなると下水ガスが浸入してきて臭いの原因となりますしサビの原因にもなります。

そうならないようにするには熱いお湯をそのまま流さないようにして下さい。

それから排水ホースの耐熱温度は70度と低いので、熱いお湯をそのまま流すとホース自体が劣化して、最後にはひび割れを起こして水漏れしてしまう事があります。

カスタマーは築年数の長い建物も普段から見ていますが、そのような実例も結構ありますのでご参考にして下さい。

人大カウンターのIHヒーターの所からヒビ割れてきました。どうすれば良いでしょうか?

IHヒーターのすぐ横は、熱い調理器具を置いてしまいがちな場所です。
奥様が気をつけていても、お子様や他のご家族の方が不注意で置いてしまう事があります。

つい「1回や2回くらい大丈夫だろう」と考えてしまいがちですが、いとも簡単にヒビ割れてしまう事があるのです。

今までステンレスカウンターをご利用で、新しく人大カウンターに交換された方は、それまでよりも注意が必要です。
なべ敷きは必ず使うようにして下さい。

ヒビ割れはどんどん広がっていくので、早い目の修理が必要です。
虫歯の治療と同じで、早期治療の方が簡単で費用も少なくて済みます。
尚、完全に目立たなくなる訳ではありませんので、ヒビを出さないようにご注意頂きたいと思います。

キッチンのシャワー水栓がガタつくのと、レバー操作が固くなってきたのですが?

ガタつくのは水栓の取付け部分の緩みが原因だと思われます。
通常は増し締めで解消されますので担当カスタマーまでご連絡下さい。

レバー操作が固くなったのはシングルレバーカートリッジが劣化したと思われます。
水漏れが無ければそのままでもお使い頂けますが、磨耗劣化部品であり5年が推奨交換時期となっております。

また、シャワーを引き出してお使いの際、あまり強い力で引っ張ると水漏れの原因となりますのでご注意下さい。

キッチンの浄水器カートリッジはどこに注文すればいいの?

パナホームライフに掲載されているパナホームショッピングで注文できます。

フリーダイヤル:0120-087-460 受付時間:毎日7:00~21:00

事前にお客様コード(お客様専用シートの表紙に掲載のコード)・電話番号・お名前・お申込み番号・商品名・数量・お届け先を確認の上、おかけください。

浴室

最近、浴室シャワー水栓からお湯を出すと、ビー!という大きな音が出ます。

水栓内部の部品が壊れてしまった可能性もあるのですが、一度ストレーナーを掃除してみると良いと思います。

ストレーナーとは水流の中のゴミを堰き止めるフィルターみたいなものです。年数が経過し、そこに沢山ゴミが溜まったままになってると、水流で笛を吹いたような大きな音が出る事があります。

勿論、水道メーターの止水栓を閉じてからでないと水が噴出しますので注意して下さい。
ご自身で出来そうにない時はお電話ください。

浴槽のお湯を排水すると洗い場に溢れ出して水びたしになって困っています。

浴室の排水詰りは、たまに対応させてもらっています。
ユニットバスの排水管は大抵曲がりが多くて入り組んでるので、配管掃除用の針金は入って行くのが困難です。

そこでトイレ詰まりで登場するラバーカップを使います。
トイレで使ったものは抵抗があると思いますので、いつも新品を使うのですが、100均ショップで小型の使いやすい物が売られています。

コツはゴム内に空気が入らないようにする事です。今までの経験では、相当な回数のピストン運動が必要で、それなりの体力がないと難しいです。

大概はロングヘアーの塊が詰まっているのですが、酷くなる前に普段から配管洗浄剤を使うのも良いかもしれません。
ご自分では無理でしたら、カスタマーにご相談下さいませ。

浴室の壁仕上げ材に、浮きと小さなヒビ割れを見つけてしまい心配です。

設置後10年を越えると浴室壁に浮きやヒビ割れが見られるのはそれ程珍しい事ではありません。

それはシーリング材の劣化で仕上げ材が水を吸ったり、普段お手入れで使う洗浄剤の悪影響だと思われます。
意外と知られていませんが、それらは特殊なシートで割と簡単に補修出来て綺麗になります。

虫歯の治療と同じで早い目に補修しておく方が経済的で長持ちするように思います。
一度担当カスタマーまでご連絡下さい。

浴槽の水面付近に青い汚れが付くのですが?

エコキュートやガス給湯器等の給湯設備機器の中で銅管を使用している部分があり、わずかに溶け出した銅イオンと石鹸等に含まれる脂肪酸が反応して、浴槽表面などに青いスジが付着する場合があります。

配管内に皮膜ができるまでおさまりませんので、こまめなお手入れをお願いします。

おおむね1年程度でおさまりますが水質や使用条件により長引く場合もあります。

石鹸をボディシャンプーに替える事でかなり改善されます。
また、人体には全く影響がありませんので、ご安心いただきますようお願い申し上げます。

浴室のミラーに水滴の跡が白く付着して取れない。

鏡についた水分をそのままにしていると表面に白い汚れが付着し、写りが悪くなりますね。

白い汚れが付着してしまったら、浴室用洗剤(中性)や市販のメラミンフォームで落としましょう。

ただし、くもり防止付きのミラーの場合は、やわらかいスポンジに浴室用洗剤(中性)をつけて洗浄するか、市販のメラミンフォームに水をつけて洗浄してください。
研磨剤入り洗剤や歯磨き、堅いナイロンタワシなどは使わないでください。特殊撥水層が損傷し、くもり止め効果がなくなり、キズの原因にもなります。

浴室用洗剤(中性)やメラミンフォームでくもりや汚れが落ちない場合は、カビ取り用洗浄剤で洗浄してください。
その場合、塗布後5分以内に鏡固定金具もあわせて充分洗い流してください。

洗面室

洗面室の「くもりシャット」付の鏡をピカピカに磨いていたら、くもり止め効果が薄れてきた。

最近、お手入れには欠かせないメラミンスポンジですが、これは鏡の表面を磨耗しながら汚れを落としますので、鏡に施されたコーティングごと剥がれ落としてしまいます。

コーティングが剥がれてしまうと、残念ながら修復不可能・・・。商品を交換するしかありません。

化学繊維のものは避け、綿タオルでやさしくお手入れしてくださいね。

洗面台にヘアピンを置きっぱなしにしていたら、茶色いサビが付着してしまいました。

鉄によるサビの原因には酸が効きます。酸性洗剤(トイレ掃除用のサンポール)を付けたふきんやティッシュペーパーで拭き取り、水拭きしてください。

薬品はちょっと・・・という方は、一度お酢で試してみてください。

即効性はありませんので、キッチンペーパーなどにお酢を染み込ませ、数分程度、サビの上に湿布してください。

酸によってサビが分解され溶けるので、ラクに拭き取ることができます。

トイレ

仕事の事情で長期間、家を空けていました。久しぶりに帰宅すると、変な臭いがしてトイレの金属部品が錆びて、洗浄便座が故障していました。

トイレの排水トラップに溜まった水(封水といいます)が蒸発して。下水のガスが部屋に入ってると思われます。

下水管につながっている衛生器具には、ガスが流入しないように、必ずトラップが設置されています。

住んでいて使い続けていれば、普段はあまり意識しなくてよいのですが、長期間使わないと自然蒸発で封水が切れて、下水管内のガスがどんどん入ってきます。

酸性の強いガスなので金属部分が腐食されるために錆ができ、電子基盤も壊れて家電製品などが故障してしまう事になります。
また害虫の侵入経路にもなってしまうこともあります。

保証期間中でも長期不在は免責事項となる場合がありますので特にご注意願います。

便器内にチョロチョロ水漏れが止まりません。

便器に限らず水道配管には接続部にゴムパッキンが使われています。

ゴムは一般的に、空気・水に含まれる酸素や、水道水中に含まれる塩素により徐々に劣化します。
これは酸素・塩素がゴムと反応し、ゴムの分子結合を切断するためです。この反応によりゴム表面に硬化、ヒビ割れが生じるのです。

部品を交換すれば止まりますのでご安心下さい。

給水管の止水栓あたりからポタポタと水漏れ!業者さんは日曜でお休み!どうしたらいいの?

止水栓の裏側にある袋ナットが緩んでいるのかもしれませんね。

まず、止水栓のバルブを閉めてください。そして袋ナットを水漏れが止まるまでレンチを使ってゆっくり締めてください。

力任せに締めないように、少しずつまわしてください。

トイレが詰った!どうしよう!

トイレが詰ってしまった場合には、水を流さないようにしてください。流れない汚水が便器からあふれ出してしまいます!

水たまり下辺りで詰っている場合は、ラバーカップを使い詰りを解消します。排水口をふさいで強く押したり引いたりしてください。
この時、汚れが飛散する事がありますのでビニールシート等でカバーしてから使用されることをオススメします。

ラバーカップが使用できるのは、汚物やトイレットペーパーが詰まった時です。
それ以外の物(ペンや手帳などの固形の異物)が詰まった場合は、取れませんので、カスタマー担当者にご相談ください。

(フリーダイヤル:0120-8746-78)

和室

和室のプリーツスクリーンを子供に破られてしまいました。修理出来るのでしょうか?

一部のタイプを除いて、スクリーンの布だけを新しいものに取替え出来ます。

ただ、構造が複雑なので、一度取り外して工場に持ち込んでの修理となります。
その手間と費用がかかりますので、結局、新品を入れるのと変わらない価格となってしまいます。

この機会に新しいものや、カーテンに替える方が多いのが実情です。ご検討ください。

和室のテーブルの重みで、タタミがへこんでしまいました。

へこんだ箇所に濡れたタオルを当て、アイロンをかけてください。

スチームアイロンがあれば、へこみにドライタオルを置いた上から、スチームアイロンをかけるといいですね。

ただし、やりすぎには注意してください。畳が腐る原因になってしまいます。

襖を閉めようとしても敷居のスベリが悪くなり、開閉が大変。

まず、襖を外し、レールのゴミをキレイに取り払ってください。

その際、ささくれがあれば、サンドペーパーで磨いてください。

その後、ろうそくの底(芯のない方)を、まんべんなくレールに塗りこんでください。

建具・フローリング

7年ぶりに部屋の模様替えをしようと、リビングのソファーを動かしたらフローリングの表面がくっついていて剥がれてしまいました。余り費用をかけたくないけど、このままだと見苦しいし何か良い方法がないでしょうか。

プロの補修屋さんに頼むと3万円程度かかってしまいますね。
だからといってホームセンターで売ってるようなクレヨンタイプの補修材はすぐに取れてしまったりということもしばしばです。

我々カスタマーは、すぐに取れてしまったりしない電気ゴテで溶かして固める補修材を使用します。

短時間で終わる程度の傷でしたら、サービスで修理させて頂いてます。お気軽にお問い合わせください。

建物がときどき「ピシ、パシ」という音が鳴るのですが?

これは建物を構成している鉄製品・アルミ製品・木製品・プラスチック製品等多種の部品が気温の変化や日射の影響で膨張や収縮しますが、その各々の膨張率・収縮率が違う事が原因で起こる音です。

特に温度変化の著しい外部部材で発生することが多く見受けられますが、屋内においても音がすることがあります。

また、気温の下がる夜中に起こることもあります。お引渡し後、徐々に減りますが温度変化を繰り返す以上完全になくなるものではありません。自動車のエンジンを切った時にしばらく発生する音と原理は同じです。

この音は特別異常なことではなく、建物の構造や寿命には影響はありませんのでご安心下さい。

高齢のため歩行器を使うようになったのですが、ドアの段差を通過しづらく困っています。

築年数が古いお家のドアの足元は、フラットではないですから、さぞかしお困りだろうと思います。
特にトイレ等水廻りの入口には、大きな段差があったりします。これはお客様が想像されるよりも、意外と簡単に解消できます。

工事をされた後、もっと早く頼めばよかったとおっしゃる方が殆どです。

通常半日から1日程度でフラット化の工事が出来ますのでカスタマーリライフセンターまでご相談下さい。
快適な生活を手に入れるお手伝いが出来ると思います。

引戸の開閉時、キューとうるさい位の異音がするようになりました。どうしてでしょうか?

引戸はドアと違って開閉時に邪魔にならず使い勝手は良いのですが、どうしてもコマの部分にゴミが絡まってきます。

通常は抵抗が増えて開け閉めが重くなってきます。

小さな子供さんがいらっしゃるお家ではお菓子類が落ちたりすると思いますが、これらがコマに潰されると、こびり付いてしまいます。
こうなるとビックリするような音が出る場合があります。(なぜかはよく分かりませんが経験上)

建具を外してのお掃除となる訳ですが、外す時に建具を床や天井に当てて、傷をつけてしまう事もありますので、お気軽にカスタマー担当者にご依頼下さい。

子供部屋に設置している可動間仕切収納を移動させたいのに動かない。どうして?

お子様の成長に伴って可動収納で部屋を仕切りたいと時々ご相談を頂きます。
また、途中まで作業をされて最後まで出来ないとの救援コールを頂く事もあります。

可動間仕切収納は、引渡前に壁や天井に突っ張って固定しているのですが、クロスの糊が滲み出して固着している場合があります。

無理に動かすと、クロスが破れる恐れがありますので、無理をしないで担当カスタマーまでお気軽にご連絡下さい。

フローリングのつなぎ目に隙間がでてきたのですが?

温度・湿度の変化による木製品の乾燥収縮が原因で木質フロア(フローリング)のつなぎ目に隙間が発生する場合があります。

冬場の乾燥時に隙間が発生しても、梅雨時期等湿気が多い時には隙間が無くなる傾向にありますが、建物・部材の性能等には問題ありません。

特に著しい隙間が発生した場合は、ご相談いただきますようお願い申し上げます。

サッシ・玄関ドア

玄関ドアの鍵がかかりにくくなってきたのですが?

玄関ドアに直接日差しが当たるなど、室内側と屋外側の温度差によってはドア本体に反りが発生する場合があります。
温度差が小さくなると元に戻るため、ドアの不具合ではありません。

閉まりにくい、隙間が気になる時はストライク〔ラッチ受け〕の調整をすれば直りますので担当カスタマーまでご連絡下さい。

最近シャッターの鍵がかからなくなりました。それとサッシのクレセントがグニャグニャしています。この2点が気になっています。

シャッターは普段のご使用で、徐々に調整がずれて鍵がかからなくなる事があります。

我々カスタマーが伺って再調整すればその場で解決する場合が多いです。

普段、出来るだけ中心部を持ってやさしく開け閉めしていただくと、ずれる事が少ないです。

中には鍵内部の部品が破損している事もありますが、その場合は部品交換になり、部品手配に少し時間がかかります。

クレセントのグニャグニャは、内部のスプリングが切れてると思われます。

これもカスタマーがその場で分解してスプリングを交換して直せますので、ご連絡頂ければ対応させて頂きます。

玄関の電気錠が効きません。電池切れでしょうか。

まずは電池を交換して欲しいのですが、交換してもだめな場合があります。

通常、上下2ヶ所の電気錠が同時に作動するのですが、どちらか一方の部品が擦り減って故障する場合があります。

突然の故障や停電で家に入れないと大変ですから、キーも一緒に持ち歩くようにお願いします。

交換をご希望の場合は、担当カスタマーまでお気軽にご連絡下さい。

サッシのクレセントがガタついてきたのですが。

クレセントの取付ビスの緩みや、クレセントの掛かる位置がづれてくることによって発生します。

これは取付ビスの増し締めや取付位置の調整で解消しますが中には建具そのものの建付けが悪い場合もありますので、担当カスタマーまでご連絡下さい。

また、稀にクレセント内部のスプリングが切れてしまってるケースもありますが、その場合は新しいスプリングに交換させて頂きます。

経年劣化だと思うのですが、サッシのレールにプツプツとした突起状の斑点ができています。サッシごと取替えが必要ですか?

アルミサッシや金属製のサッシは、経年による腐食が原因でこのような症状がでることがあります。
劣化が進むと穴が開くこともありますので、早めのお手入れが大切です。

突起は完全には取れませんが、ある程度こすることで軽減します。

水を含ませたスチールウールでレールの目に沿って軽くこすってみてください。
それでも落ちない場合は、クリームクレンザーをつけてこすってみてください。

給湯器

先日気が付いたのですが エコキュートのヒートポンプユニットの底面から水滴が落ちて周囲が濡れています。どこが悪いのでしょうか。

ヒートポンプユニット底面は水滴が溜まる構造になっているのですが、正常ならドレーンパイプから排水ホースを経て、排水管へ流れます。

ところが、ユニットは屋外に設置されて開放されていますので、時間の経過と共にゴミが入り込み、ホースが詰まり、排水が上手く流れずに溢れ出ているのをお見受けすることがあります。

構造的に分解して掃除できるようにはなっていませんので、ホースを抜いて針金などを差し込んでお掃除しています。

ご自分で出来そうにない場合はカスタマーに ご連絡頂ければと思います。

冬の寒い夜に給湯器が勝手にウーンという音がして動きます。運転スイッチは切の状態です。

それは凍結による給湯器の破損予防運転だと思われます。

比較的暖かい和歌山エリアでも冷え込みが厳しい時は、機器や配管内の水が凍結して破損する事がありますので、自動で凍結予防ヒーターや循環ポンプが作動する事があります。これは運転スイッチ〔入・切〕に関係なく作動します。

この機能は電源プラグを抜くと作動しないため、電源プラグは絶対に抜かないで下さい。
石油・ガス・電気の熱源に関係なく大体同じですが詳しくはお使いの給湯器の取扱説明書をご覧下さい。

ちなみに凍結により機器が破損した時の修理は保証期間内でも有償となります。

また追いだき機能付きの場合は、ふろ配管を凍結予防するには浴槽の水を循環アダプター上部より5センチ以上ある状態にして下さい。
ポンプが自動的に浴槽の水を循環させて凍結を予防します。

水がないとポンプが空運転するため、機器から大きな音がする場合があります。

給湯器のお湯は飲まない方が良いと聞いたのですが?

エコキュートのような貯湯タイプの給湯器は一旦タンクにためるという意味で一般的に飲用に適さないと言われています。

またキッチンの水栓に付いてる浄水器にお湯を流すと一度吸着していた不純物が逆に滲出してきてしまいます。

そういう意味でも給湯器のお湯は飲まない方が良いと思います。

駆除

フローリングに木の粉が落ちていて、ポツポツと穴があいていて、黒っぽくて細長い昆虫が出てきます。

それはヒラ夕キクイムシのしわざですね。建物や家具を食害する害虫です。
通常5~6月頃に成虫が小さな穴を開けて飛び出し、その際に木屑を外に排出します。

原因は、フローリングの下地ラワンベニヤ材の防虫処置として使われていたホルムアルデヒドがシックハウスの原因になるというので使われなくなり、それで勢いを盛り返してると考えられています。

しかし、木材中の栄養分の「でんぷん質」は時間がたつと栄養分ではなくなりますので、築年数が経つほどに再発は考えにくくなります。

対策としては、キクイムシ用駆除スプレーを穴用ノズルを使って注入します。そうすれば、木の中のキクイムシを駆除し、被害は最小限でくい止められます。

穴は市販の補修クレヨンで塞げば良いでしょう。

屋外に置いていたものを移動させて掃除しようしたところ、シロアリの蟻道のような物を見つけました。どうすれば良いでしょうか。

建物にシロアリの被害がないか、床下から点検をする必要があると思います。

シロアリは日光や風を嫌いますので、建物の周囲にはできるだけ物を置かないようにして、普段から目視できる状態に保つ事が大切です。

点検の結果、シロアリの被害が見つかっても、防蟻工事の保証期間内であれば適用出来るかもしれません。
と言いますのは、防蟻工事がされてるのは基礎の内側なので、外側からシロアリが浸入している場合は免責となってしまうのです。
ですから、基礎の外側の観察は大変重要な事なのです。

もし保障期間が既に終わってる場合は、この機会に再施工される事をお勧めします。

今まで再施工の場合は5年だった保証期間が、つい最近10年になってお客様に好評です。

シャッターBOXの上に鳥が巣を作って困っています。

毎年 同様のご相談を数件受けています。

最終手段としては空間に網を作って鳥の侵入を防ぐのですが美観上の問題もありますのでまずは鳥が嫌がる強力な磁石をシャッターBOXの上に取り付けます。

これは外部から全く見えないので良いのですが鳥の種類によっては効果が無い場合があります。
私の経験では9割位はこれで完結しています。

大型のホームセンターで売っていますが見つけにくいですし巣を作ってる場所によっては取付けに長い梯子が必要な場合がありますのでご自分での作業は難しいかも知れません。

難しい場合は担当カスタマーにご連絡下さい。

閉めっ放しになってた雨戸を開けたら上から泥で出来た巣のようなものが落ちてきました。中にはたくさんの蜘蛛の死骸が入っていますが、これは一体なんでしょうか?

それはドロバチの巣ですね。ハチの幼虫が蜘蛛を食べて成虫になり巣立ちした後です。

軒先が多いのですが エアコンの室外機の中やパイプの中等雨がしのげる所であれば 色んな場所に巣を作ります。

閉めっ放しになっている雨戸やシャッター周辺はドロバチに限らず鳥も巣を作ったりしがちです。
毎日開け閉めしている場所には作らないようです。

使っていない部屋に風を通すためにも 定期的に窓を開けるようにして下さい。

チョウバエが大量に発生したのですが、どうすれば良いですか。

体長3mmほどのハート型を逆にしたような形の虫ですね。小さな虫ですが一度に大量に発生するので驚かれると思います。

チョウバエは浄化槽や排水枡や菅の汚泥(スカム)が発生源となるため、屋内で発生しやすい害虫です。

対策としては、トイレやお風呂の排水口、洗面台、浴槽の裏、浄化槽など発生場所を探し、幼虫対策を行なうことが重要となります。
チョウバエの幼虫対策には、汚泥を取り除き清掃を行なうことが第一です。

市販されているコバエの幼虫駆除剤がチョウバエの幼虫に有効ですが一般のパイプ洗浄剤で清潔にするだけでも十分だと思います。

蜂が巣を作っているのですが、どこに駆除を頼めばいいですか?

もしスズメ蜂だった場合は、素人が手を出すと危険ですから、最寄の市町村役場に連絡して駆除してもらうのが一番です。

アシナガ蜂であれば、ホウキと蜂用スプレーを用意して、巣の周りに蜂があまりいない時を狙って巣の方に噴射し、最後はホウキで巣を落とします。

いずれにしても巣があまり大きくならないうちにやって下さい。自分では難しいと感じた時は担当カスタマーまでご連絡下さい。

コウモリが住み着いているようですが、どうすればいいですか?

古い在来工法の建物の場合は3割程度の割合でコウモリが出入りしてるのではないでしょうか。

本当に小さな穴からでも侵入しますが、パナホームの場合は建物に侵入する穴自体が殆ど無いので割と珍しいです。

駆除は専門の業者をご紹介させて頂きますが、我々にできる事は侵入経路の遮断です。
軒裏の通気スリット部分から入ってくる事例もありますが、対応部材がありますので担当カスタマーまでお気軽にご連絡下さい。

その他

雨も降っていないのに 水滴が落ちてる音がうるさくて眠れません。どうにかならないでしょうか。

現地調査してみないと断言できませんが、今の時期(8月)多いのがエアコン排水の水漏れです。

エアコンの排水は通常、外壁の配管カバーの中の排水パイプを通って排水されていますので、音が問題になる事はありません。

その排水パイプが、経年劣化や何らかの外力で接続部が外れると配管カバーの内側に漏れ出して、そのまま落下して、丁度基礎見切り部材の金属部分に当たるのでコンコンと滴下音がします。

カバーを外して補修すれば音はしなくなるはずです。

基礎と犬走りコンクリートの隙間から白い粉が出てきました。心配なので原因を教えて下さい。

白華現象がおきていると思われます。
基礎表面の小さなひび割れなどから雨などの水分が染込み、セメントのアルカリ成分と反応して表面に白い粉として出てしまう現象です。

普通にどこの家にも起こる事象で、心配する事ではありませんが、美観上気になる場合はタワシ等でこすり落として掃除して下さい。

ドアホンの画面が曇って見えにくくなってきました。

築10年位になりますと、紫外線の影響で子機のレンズが曇ってくる場合があります。
特に南向きのお宅の場合は顕著ですが、元々常に風雨に晒されてる分、故障の確率は親機よりも多いです。

それで子機を取替えたりするのですが、数ヵ月後には親機が壊れることがしばしば起こります。
やはり弱電機器は10年も経つと買換えが必要になってくるようです。

例えば、自転車のタイヤを2本交換したら安い自転車が買えてしまうみたいに子機のみの交換は後悔する事が多いです。

セットでの交換をお勧め致します。/p>

20年位前、屋根上に乗せた太陽熱温水器から水漏れして、もう何年も使っていません。今更修理して使おうとも思わないので、撤去したいのですが・・・。

太陽熱温水器は100~300kgほどの重量があるため、常に建物に負担がかかっていますし、水漏れがあるなら屋根材にも良くない影響があります。
また、地震や台風などで装置が落下したら、大きな事故になりかねません。

リスクだけをいつまでも背負っているのであれば、建物の美観上においても撤去のメリットはあると思います。

たまに同様のご依頼を受けるのですが、危険な高所作業で最低3人は必要です。
現場の状況によって費用は変わってきますが、本体の処分や配管の撤去も含めて6万円~9万円程度かかります。

必要があればお見積に伺いますのでカスタマーセンターまでご連絡下さい。

テレビの地デジ放送で、一部のチャンネルが見えなくなり困っています。

過去に何件かのお客様でも同じような現象が起こり、対応した事があります。実は私の家でも最近起こりまして、対処しました。

テレビもアンテナ線もそれなりに古いので、最初はそれを疑い点検しましたが、原因はそこではありませんでした。
アンテナの近くに付いているブースター(増幅器)の設定再調整で復旧しました。

電波は凄くデリケートなのか、経年により設定が微妙にずれるみたいです。
勿論、古過ぎて調整しても直らないケースがあるかとは思いますが工事をする前に、一度調整してみるのが良いと思います

高所作業になりますのでカスタマーにご相談下さいませ。

最近足が不自由になった高齢の父親の為に、廊下に手摺をと思い購入したのですが、取り付けられずに困っています。

簡単なようで、意外とノウハウが必要なのが手摺の取り付けです。
最初から将来の取付を考えて作られた壁だと問題ありませんがそうでない場合は、見えない壁の中のしっかりとした下地を見つけないといけません。

また、壁の中に隠れた設備配管や配線を傷つけてしまうと大変なトラブルになります。

それと衣服を引っ掛けないような配慮も大切です。
高さは80cm程度が標準とされていますが、使う方の身長や病状に応じての微妙な調整が、快適な手摺を作るうえでとても大切です。

カスタマーに依頼して、失敗の無いようにして頂きたいと思います。

最近ソーラー発電の発電量が落ちてきてる気がするのですが故障でしょうか?

発電量は天候により大きく変わりますので、中々故障に気づき難いものです。
もし、年々右肩下がりに減り続けてるようなら、不具合の可能性があります。

ソーラーパネルで発電した電気を家庭で利用できる電気に変換するのがパワーコンディショナーと呼ばれる機械ですが、これは10~15年での交換を想定した精密機械ですので、パネル本体よりも故障するケースが多いようです。

ただ、故障でなくても、時間の経過とともに経年劣化により性能は落ちていきます。

あまりにも右肩下がりの量が多いと感じたら、一度カスタマーにご相談下さい。

呼吸の道タワーのグリルが破損しています。新しくしたいのですが、どうすれば良いですか。2005年の建築です。

普段、お客様宅を訪問する時に見せていただくのですが経年劣化してるのを多く見かけます。

少し前までは特注対応になってしまい、凄くお時間を頂いてたのですが、最近、パナホームライフの通信販売でお求めいただけるようになっています。

カスタマーを通して頂くより通販の方がお安くなっております。

電気の引き込みポールが錆びてきています。倒れないか心配です。

街中を普段業務で走っていてたまに倒れかかったポールを見かけます。大きな台風時に倒壊することも無いとは言えません。
そうなると数日は停電の状態が続き大変な不便を強いられます。

物理的には根元に大きな力がかかるのですがその部分が土で覆われているといずれ錆びてきます。

点検に伺うと土質によっては穴が開く程錆びている場合もたまに見かけます。
基本的に地際がコンクリートの場合は大丈夫なのですが土の場合は将来の劣化を見越してコンクリートで包む工事をご提案します。

最近インターホンにガリガリと雑音が入るのですが・・・?

インターホンの子機〔屋外側〕は常時雨風や日光に晒される為劣化しやすいです。

日常の業務で交換した古いものを分解してみると内部の雨を防ぐビニールが破れてスピーカーやマイクに水が入った痕があります。
昆虫が入ってる事もしばしばあります。消耗品に近いイメージです。

情報機器は進化が早くて 値段も安くなっていますので10年近く経過していれば新品の入れ替えが現実的だと思われます。
器用な方だと ご自身でホームセンターで買ってきて交換されてます。難しい場合はカスタマーにご連絡下さい。

和歌山市つつじが丘に住んでいますが、汚水最終マスから汚水が溢れ出て困っています。

宅地内にある汚水の最終マスが溢れてるのでしたら、和歌山市の管理区分となります。

最終マスから道路内の汚水管を経て道路内のマンホールに繋がっていますが、最終マスが溢れてるのは 道路内で詰まっていますので、和歌山市の下水道管理課に連絡して対応してもらって下さい。専用の機械を持ってきてすぐに処置してくれます。

市役所のHPにもありますように、下水道が詰まる原因になるものは流さないように気をつけてくださいますよう よろしくお願いします。

  ・残飯、野菜くず、ビニール片、油類など
  ・水に溶けにくいティッシュペーパー、紙おむつなど
  ・髪の毛などの固形物
  ・シンナーなどの危険物、ごみなど

http://www.city.wakayama.wakayama.jp/gesuidoubu/08/koshou.htm

BSパラボラアンテナを自分で取付けたのですが上手く受信出来ません。

ご自分で取付けされたとの事ですからBSブースターなしで、一つのテレビに単独配線してるのだと思います。

BSアンテナはDC15Vの電源供給が無いと作動しませんが、テレビから電源を送る設定はテレビにメニューがありますので、そこで設定します。まずはそこをご確認下さい。

次にBSアンテナは角度の調整が非常にシビアです。地デジアンテナと同じ感覚で作業してると、恐らく何時間かけても合わせられないぐらい難しいです。
私も初めてのときは機器の不具合だと勘違いして別の物に交換してしまった程です(苦笑)

アンテナの角度がほんの1度位変っただけでも全く映らなくなります。台風の後に映らなくなったという場合は、角度がずれた可能性もあります。

その他にBSが映らない原因には同軸ケーブルの折損や接続不良等がありますが稀だと思います。

ご連絡頂ければお手伝いさせて頂きます。

台風による豪雨で、汲取りの便槽に大量の水が入って別料金を請求されたのですが、マンホールをもっと高くしなければいけないのでしょうか?〔築22年〕

マンホールはきちんと閉めていれば大量の水は入らない構造になっていますので恐らく便槽近くの排水桝が原因だと思われます。

築22年と言う事ですから、排水桝の材質はコンクリート製の既製品だと思います。
この当時のものは長い年月が経つと、桝と排水管との間が縁切れして隙間ができます。(地震や、地盤がより締め固められて下がる事が原因と思われます)

その隙間に排水が流れる事でモルタルが削れて、その結果排水管下側部分のモルタルがなくなる事はよくあります。

こうなると豪雨の際、この穴から漏れ出た水で犬走りコンクリートの下は水で満たされ便槽のマンホール嵩上げパイプの継ぎ目から水が入る事になります。
対策としては、穴をモルタルでしっかり詰めるよりないと思います。

近年では狭小地にも対応し、土中でも変質しにくく施工性の高い塩化ビニール製の小口径マスが主流で、こういったトラブルは起こらなくなっています

どうしても気になるようでしたら 塩ビ桝に交換することをお勧め致します。お気軽にお問合せください。

火災警報器が火事でもないのに作動してビックリしました!

原因として考えられるものとして
・調理時の煙 ・加湿器などからの蒸気や湿気 ・くん煙式殺虫剤・スプレー式殺虫剤 ・結露 ・小さい虫やホコリ・家電製品やパソコン関係からのノイズ などがあります。

基本的にはまず十分に換気を行って下さい。

警報器のお手入れ方法の動画がありますので一度ご覧下さい。

http://www2.panasonic.biz/es/densetsu/ha/jukeiki/maintenance/

それでも誤作動する場合は個別に対応させて頂きますので担当カスタマーまでご連絡下さい。

基礎に細かいひび割れが出てるのですが?

コンクリートはその生成過程で所定の水分を加えますが、コンクリートの現場打設後その乾燥に伴ってコンクリート中から外部に水分が散逸し収縮が発生します。
それが原因で、基礎や土間のコンクリートに軽微なひび割れが起こることがあります。

この軽微なひび割れはコンクリートの性質上止むを得ないものでもあります。
ヘアクラックと呼ばれているこのひび割れは、建物の構造には影響はありませんのでご安心下さい。

一応、見た目の問題で定期訪問時には補修させてもらっています。特に著しいひび割れが発生した場合は、一度ご相談下さい。

排水マスが割れちゃった!無償で交換してもらえないの?

お客様の宅地内にある「マス」は、排水設備であり、お客様の持ち物です。

フタが割れたら有料で交換となります。

リフォームについて

屋外リフォーム

今年の夏は雨が少ないので井戸を設けたいのですが。

井戸水が使えれば 庭の水遣りや洗車、暑さ対策の打ち水等、水道料金を気にしないで活用できそうですね。
地震災害対策のひとつとしても井戸の活用をお勧めです。

大震災時、国や自治体などの給水のみでは水が足りなくなります。
井戸は地中から水をくみ上げているため、海水の影響を受けにくく、手や顔を洗ったり、洗濯をするための用水として活用できます。

また、火事が発生した際には消火活動にも利用できます。
普段は電動ポンプを使う場合でも手押しポンプも付けておけば停電時にも使えます。

昔からの井戸を保存するだけで、活用されていないお宅もたまに見かけますが、この機会に自宅にある井戸をいつでも利用できる状態にして再活用してみてはいかがでしょうか。

また、昔ながらの井戸と違って、パイプを打ち込んで水を吸い出す方法もあり、意外とお手軽に設置頂けます。
一度担当までご相談下さい。

外廻りのメンテナンスは、何年ぐらいで塗装が必要ですか?

塗装の場合、10~13年が目安です。

あわせて外壁目地の防水、バルコニー床の防水も必要です。

パナホームでは無料診断を実施しておりますので、ご相談下さい。

外まわりのメンテナンスを考えていますが、屋根から直すかべきか、目立つ外壁から直すかべきか悩んでいます。

屋根、塗装の同時施工をオススメします。

工事に必要な足場の料金が1回で済むのでおトクです。

シロアリの点検は何年ごとにすればいいですか?

シロアリの保証はお引渡し日から10年間です。再施工後は5年の保証延長になりますので、10年目以降は、約5年ごとの定期点検をオススメします。

屋内リフォーム

窓の断熱対策はどうすればいいですか?

パナホームのお施主様限定でオススメしている「エコサッシ」は、遮熱高断熱ペアガラス仕様で、夏は涼しく、冬は暖かいので快適です。

更に短時間で取替え可能です。

また、窓枠はそのままで、サッシ(網戸)を交換するだけなので、結露対策にもなります。

フリーダイヤルでお問い合わせ
(水曜日 定休)
お問い合わせ・資料請求 (電話:水曜日定休)
資料請求 お問い合わせ
公式LINE@ 資料請求 お問い合わせ
ページ上部へ